検定アイコントータルスタイリスト検定

情報セキュリティ基本方針

1.宣言

日本ファッションスタイリスト協会(以下、「F.S.A.」と称す)は、すべての情報資産に対する機密性、完全性、可用性の確保・向上に努めます。また、お客様を含む社会全体の信頼に応えるため、情報セキュリティ基本方針(以下、本方針)を定め、これを実施し推進することを宣言します。

2.適用範囲

本方針では、F.S.A.が管理するすべての業務活動に関わる情報資産(含個人情報)を適用範囲とします。

3.法令遵守

F.S.A.は、情報セキュリティに関する各種法令、国が定める指針およびその他規範を遵守します。

4. 情報セキュリティ管理体制の確立

F.S.A.は、情報セキュリティ管理体制ならびにセキュリティインシデントが発生した場合には、原因究明、対策を迅速に実施し、影響を最小限とするとともに、再発防止に努めます。

5.情報セキュリティ規程の制定

F.S.A.は、情報セキュリティに関する規程、基準等を制定し、社内に周知徹底します。

6.情報セキュリティ対策の実施

F.S.A.は、情報資産に応じた適切な情報セキュリティ対策を実施することで、情報セキュリティ事故の発生予防に努めます。

7.情報セキュリティ教育・訓練の実施

F.S.A.は、経営者、従業員が、情報セキュリティの重要性の認識と、適正な利用・管理のために必要な教育・訓練を実施します。

8.定期的評価および継続的改善

F.S.A.は、情報セキュリティの取り組みを維持するとともに、定期的に管理体制および対策実施状況を見直し、改善に努めます。

日本ファッションスタイリスト協会
代表理事
あいざわ あゆみ